未分類

東京オリンピック


中リール白7中段ビタ押し

※すべての子役をフォローできる

目押し成功時
・右中段にリプレイが止まる(ボーナスでもハズレでも)

1コマ滑ってリプレイ


→リプレイ or 1枚役C or チェリー(全否定で赤おやしろのリーチ)
→1枚役の場合は左上に白7か赤7、右にオレンジ)中左右でOK

2コマ滑ってチェリーが止まった場合

→1確(赤頭のボーナス)

3コマ滑ってオレンジが揃った場合

→右もオレンジ狙い(白7下枠外)
→1枚役A or 1枚役B(上にオレンジなら左上に白、下にオレンジになら上にBAR)

4コマ滑ってベルが止まれば、ベル(2択、共通)or スイカ(上段)

→右上スイカなら左にスイカを狙う。(白7以外を狙えば揃う)

目押し失敗時
・白7を早めに押すと必ず右中段にベルが止まる(ボーナス図柄が下段)。

ボーナス判別

■part1



■part2
・ボーナス判別に白7ビタが有効。白7ビタ後に他色を判別できる

・2コマ滑ってチェリーが止まれば赤頭の1確(赤赤REG、赤赤白、ひぐらし)
・白7ビタが成功し、右下にボーナス図柄が揃えば2確
 →揃ったボーナス図柄が確定する(白、赤)であれば白白赤
 →ただし成立しているボーナス図柄を引き込めない位置で押すとリプレイが中段に止まる
・下段でベルが揃っている場合は白頭確定

順番は右に赤、白、REG

ビッグ中

■ビッグ中の上段青7狙いは下段バーを狙う

コツとしては、ボーナス中の右リール上段青7は、青7を見るのではなくバーを下段に狙うのがコツです。
リール枠外の見えないところから降って来る青7よりも、リール内で2コマ確認できるバーの方が合わせやすいからです。

ボーナス中は白7中段の練習。
9枚役を取ったら、その後はずっと白7を狙ってビタ押しの練習をします。
押すタイミングを修正しながら、ビタ押しの精度をあげるようにしています。

効果音が鳴ってない時も練習ができる良い機会なので、ここは面倒くさがらずにコツコツと練習することが大事です。

転落セグ

・ハズレの1/287でチェリーまたはボーナス

ビタ押しコツ

そして回避ポイント&CZ中の左リール白7は、気持ち少し早めに押すと成功率が上がります。
狙いすぎると、どうしても押すのが遅くなりがちになるからです。

■ビタ押しコツ1

■ビタ押しコツ2
左リールの白7は、上下をオレンジ図柄に挟まれています。
僕はこの3コマを、左リール全体に納めるようなイメージに変えてみました。
すると「1コマにビタで止める」よりも「3コマを全体を納める」方がリラックスして打て、100%とまでは行かないですが成功率が上がったのです。
プレッシャーもそれほど感じず、また目の疲労もだいぶ少なくなりました。

-未分類

Copyright© 夢あるねっと , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.